ピラティス初心者が意識すべき6つの原理

ピラティス初心者が意識すべき6つの原理
西田伊吹

皆さんこんにちは!!
トレーナーの西田です。

ピラティスアヴニール藤井寺店

全店舗完全個室の空間で、お客様とトレーナーのみのマンツーマンのピラティススタジオです。
他のお客様と同時セッションでは無いため、人目を気にせず、ピラティスをお楽しみいただけます。

ピラティストレーナーは全員女性トレーナーになるので、男性が苦手の方でも、安心してピラティスをご利用いただけます。
1回7,200円~ 複数回数券購入で割引率もアップ
詳しくはこちら!

大阪・奈良で5店舗展開する完全個室のピラティススタジオ!ピラティスアヴニール!
他の店舗もチェックしてください。

大阪:藤井寺店天王寺店豊中店
奈良:香芝店橿原大和八木店

体験レッスン受付中!!

大阪・奈良で20店舗展開する完全個室のパーソナルジム!パーソナルジムアヴニール!
店舗一覧はこちら

目次

ピラティスアヴニールブログ


ピラティス初心者が意識すべき6つの原理

ピラティス初心者が意識すべき6つの原理ピラティスアヴニール藤井寺店!

ピラティスは、身体を整えるため、メンテナンスのために取り入れられることが増えてきました。しかし、エクササイズの方法を間違えてしまうと、せっかくピラティスを定期的に行なっていても、効果があまり感じられなかったり、逆に身体を痛めてしまうことがあります。
ピラティスの効果をより感じてもらうためにも、今回はピラティス初心者の方に抑えていただきたいポイントを6つ紹介していきます。

1.流れるような動き

ピラティスでは、エクササイズ中に止まることはほとんどなく、流れるように動き続けます。ピラティスを始めたての時は、どうしても身体が慣れていなくて、途中で止まって何度か休憩を挟むことがあると思います。それでも、数回同じエクササイズを続けていくうちに動き方を身体で覚えられるので、動き続けられるように意識しましょう。

2.呼吸

最初は、エクササイズを行うだけでも精一杯になるので、呼吸をするのを忘れてしまいがちです。慣れない動きもありますが、なるべく呼吸を続けながら、筋肉を使う時に息を吐く意識をしましょう。

3.中心の理解

ピラティスでは、コアの筋力を抜くことは基本的にはなく、肋骨を引き締めたまま身体の中心に軸をもっていけるように意識します。身体の中心を理解することでだんだん身体が安定し、難しいエクササイズにも挑戦できるようになります。

4.安定性

ピラティスでは、パワーハウスと呼ばれる腹部からか骨盤にかけての身体の中心部分を崩さないように動いていきます。一つの動きをすると、パワーハウスが崩れやすく、動かしたい関節以外の部位も同時に動いてしまうことがあります。パワーハウスを保ちながら、使いたい関節以外は安定させられるように意識しましょう。

5.正確性

ピラティスの動きは、ジムでのエクササイズとは違い、スタートポジションとフィニッシュポジションが正確に決まっています。一つ一つの動きを正確に行うことで、効率よく使いたい筋肉を使うことができ、身体を痛めることなく続けられますよ。

6.可動域を広げる

ピラティスでは、筋肉を使うと同時に伸ばしていく動きがあります。可能な限り身体を大きく動かすというわけではなく、パワーハウスを保って、コアに力が入る範囲で大きく動かすことが大切です。筋肉を使いながらストレッチをすることで、柔軟性が上がり、身体の可動域が広がります。

まとめ

ピラティス初心者の方は、まずは動くことだけに集中してしまいがちです。しかし、動くことよりも呼吸とコアを使うことを意識し、その後に少しずつ動きを改善できるようにすることで、自然とリラックスしながら体幹を使い、効率的に運動ができますよ。

LINE公式アカウント・インスタグラムDMや
電話からでもお問い合わせ・予約ができます

目次